読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療に意味はある?効果的な治療をしよう!

あなたは不妊治療をしていて意味があるのかと思ったことはありませんか?    いつまで続くのか、一体どれだけのお金をかければ妊娠できるのか、治療の痛みや苦しみに耐えた先に、本当に赤ちゃんはやってきてくれるのか、、         そんな不妊治療に関する不安や疑問の解決、効果的な治療のススメを紹介します。

不妊治療するなら漢方薬を併用したほうが効果的?

 

あなたは不妊治療と聞くと、どのような内容を思い浮かべられますか?

 

一般的な不妊治療と呼ばれるものは、ほとんどが西洋医学です。

 

医学には大きく分けると西洋医学と東洋医学があり、病気の診断も治療法も異なります。

 

西洋医学では、病気に対して原因を特定し、それに沿って薬や注射などを使用し医学的な治療をします。

 

一方、東洋医学では、身体全体を見て血や熱などの体質を見極め、漢方薬などを使用し体質自体を改善します。


つまり病気をピンポイントに治そうとするのが西洋医学で、身体全体を正常にすることで病気を改善しようというのが東洋医学ですね。

 

では、この二つは併用することは可能なのでしょうか。

 

不妊治療中の方にとっては、良いと言われるものなら何でも試したくなりますよね。

 

今回は、不妊治療をするなら漢方薬を併用したほうが効果的なのか、詳しく見ていきたいと思います。

 

 

西洋医学と東洋医学をうまく使うことが妊娠への近道となる!

f:id:suisui01:20170218144538j:plain


西洋医学の不妊治療では、子宮に病気がある、精子の数が少ないなどの生殖機能の問題を見つけ、それを治療していくことで妊娠につなげようとします。

 

しかし不妊症の原因には、生殖機能の問題だけではなく、ストレスや身体の冷え、ホルモンバランスの乱れなど様々な要因が重なっていることがほとんどです。

 

私も、不妊治療に通っている病院で原因不明の不妊症と診断されました。

 

身体の生殖機能には問題がないのに妊娠できない。

 

そんな方にぜひオススメなのが、東洋医学の1つである漢方なのです。

 

東洋医学では身体全体の問題を考え、体質改善を行うことで不調を治してくれます

 

これら二つを併用することにより、幅広い視点で身体を見つめ相乗効果により一早く改善につなげることができるのです。

 

つまり西洋医学で生殖機能の問題を解決し、東洋医学で妊娠しやすい身体づくりを行うことが早く妊娠する為の一番の方法なのです。

 

 

不妊治療として使われる漢方薬の効果とは?

 

漢方には何千年という長い歴史があり、身体の機能や免疫力を高めることを基本としています。

 

一般的に、西洋医学とは違い効果がない・気休めでしかないなどと捉えられがちです。

 

しかしそれは、効果が現れるまでに時間がかかったり、体質的に合う合わないなどがある為です。


不妊治療で使われる漢方薬の効果としては、

 

・血流を改善し冷え症の解消
・血の巡りを良くして身体の状態を整える
・ホルモンバランスを整える
・生殖機能を高め妊娠しやすい身体を作ってくれる

 

などが挙げられます。

 

妊娠する上で、妊娠しやすい身体の状態というのは必要不可欠ですね。

 

例え不妊治療で生殖機能が治ったとしても、妊娠しやすい身体の準備ができていなかったら、妊娠することはできないのです。

 

不妊症には漢方だけでも有効?

 


不妊症の原因は人それぞれ違います。

 

病院で検査して原因は特にないと言われたのに、なかなか妊娠しないと言う方には、漢方は有効でしょう。

 

しかし実は卵管が詰まっているなどの病気があるのに、それを検査せず漢方だけ服用していても、妊娠には至りません。

 

大事なことは、不妊治療により病気を特定し治療すると同時に、漢方で妊娠しやすい身体づくりをするということなのです。

 

 

まとめ


不妊治療をしている方にとって、漢方はとても効果的であることが分かりましたね。

 

西洋医学だけでは解明できない身体の不調や病気は、東洋医学である漢方が解決してくれることで妊娠につなげることができる。

 

この二つをうまく利用し、一日でも早く赤ちゃんに会えるといいですね。