読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

不妊治療に意味はある?効果的な治療をしよう!

あなたは不妊治療をしていて意味があるのかと思ったことはありませんか?    いつまで続くのか、一体どれだけのお金をかければ妊娠できるのか、治療の痛みや苦しみに耐えた先に、本当に赤ちゃんはやってきてくれるのか、、         そんな不妊治療に関する不安や疑問の解決、効果的な治療のススメを紹介します。

不妊治療で処方されるピルにはどんな種類がある?

不妊治療中に、病院でピルを処方されることがあります。

 

一般的にピルと聞くと、避妊に使われる薬のイメージですね。

 

しかしピルは不妊治療にも使われる場合があります。

 

今回は不妊治療で処方されるピルの種類について調べてみました。

 

不妊治療で処方されるピルにはどんな種類がある?

 

f:id:suisui01:20170227135920j:plain

 

不妊治療でピルが処方されるのはどんな時?

 

生理周期をコントロールする

 

ピルを飲むことで、身体は妊娠していると思い生理が止まります。

 

そして服用をやめると生理は再開します。

 

この性質を利用し生理周期をコントロールするのです。

 

生理不順を改善したり、

 

体外受精の採卵日程を調整したり、

 

治療をやり直す目的でわざとリセットさせたりします。

 

 

不妊症の原因になっている病気の治療

 

卵巣膿腫や子宮内膜症などが原因で不妊症になっている場合、

 

ピルを服用することで改善できる可能性があります。

 

卵巣嚢腫子宮内膜症は、排卵するごとに症状が進行していきます。

 

ピルによって排卵を止めることで、症状の進行を止め改善できるのです。

 

 

子宮内膜の維持や受精卵の着床を助ける

 

黄体機能不全や黄体ホルモンの値が低い方は、

 

排卵後の高温期が短くなります。

 

すると着床に向けて厚くなった子宮内膜がはがれやすくなり、

 

着床することが難しかったり、

 

着床しても妊娠を継続できず流産しやすい状態になってしまいます。

 

そこで黄体ホルモンが含まれているピルを飲むと、

 

ホルモンが補充され子宮内膜が維持されたり、

 

受精卵の着床を助ける働きが期待できるのです。

 

 

 

不妊治療で処方されるピルにはどんな種類がある?

 

 

ピルには、高用量ピル、中用量ピル、低用量ピルがあります。

 

これは卵胞ホルモンの含有量によって分かれていて、

 

高用量であればそれだけ効果が高いですが、同時に副作用も多くなってしまいます。

 

しかし最近の不妊治療で処方されるピルは、

 

ほとんどが低用量ピルなので、あまり副作用の心配はいらないようです。

 



【高用量ピル】

 

ソフィアーC

 

ノルエチステロンという黄体ホルモンを使用している高用量ピルです。

 

主に生理不順やPMS(生理前に起こる体の不調全般)の治療薬として使われますが、使い方次第では避妊、不妊治療にも使われます。

 

ソフィアAとの違いは、成分は同じですが成分量が2倍になります。

 

 

【中用量ピル】

 

プラノバール

 

ノルゲストレルという黄体ホルモンを使用している中用量ピルです。

 

主に生理不順やPMSの治療薬として使われますが、使い方次第では避妊、不妊治療にも使われます。

 

 

ソフィアーA

 

ノルエチステロンという黄体ホルモンを使用している中用量ピルです。

 

主に生理不順やPMSの治療薬として使われますが、使い方次第では避妊、不妊治療にも使われます。

 

 

ノアルテンーD

 

ノアルテン-Dは黄体ホルモンを使用している中用量ピルです。

 

服用中は高温期状態になるので、服用期間が終了してから1週間以内に生理が起きます。

 

飲んでいる期間は生理が来ません。

 

 

エデュレン

 

エチニルエストラジオールという黄体ホルモンを使用している中用量ピルです。

 


ドオルトン

 

ノルゲストレルという黄体ホルモンを使用している中用量ピルです。

 


【低用量ピル】

 

マーベロン21/マーベロン28

 

デソゲストレルという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

むくみやシミの増加、ニキビなどの副作用が少ないです。

 


ファボワール21/ファボワール28

 

デソゲストレルという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

むくみやシミの増加、ニキビなどの副作用が少ないです。

 

マーベロンジェネリック薬として販売されています。

 


オーソ777‐21

 

ノルエチステロンという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

少しずつ成分量が増えますが、卵胞ホルモンは最後まで変わりません。

 


シンフェーズT28

 

ノルエチステロンという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

中間期に成分を増やすことで中間期の不正出血を抑え、生理が早めに来るのが特徴です。

 


トリキューラー21/トリキューラー28

 

レボノルゲストレルという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

不正出血が起きにくいのが特徴です。

 

トリキューラー、ラベルフィーユ、アンジュは製薬会社が違うだけで成分は同じです。

 


ベルフィーユ21/ラベルフィーユ28

 

レボノルゲストレルという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

不正出血が起きにくいのが特徴です。

 

トリキューラのジェネリック薬として販売されています。

 

トリキューラー、ラベルフィーユ、アンジュは製薬会社が違うだけで成分は同じです。

 

 

アンジュ21/アンジュ28

 

レボノルゲストレルという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

不正出血が起きにくいのが特徴です。

 

トリキューラー、ラベルフィーユ、アンジュは製薬会社が違うだけで成分は同じです。

 

 

ノリニール

 

ノルエチステロンという黄体ホルモンを使用している低用量ピルです。

 

主に生理不順やPMSの治療薬として使われますが、使い方次第では避妊、不妊治療にも使われます。